コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針状鋳鉄 しんじょうちゅうてつacicular cast iron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

針状鋳鉄
しんじょうちゅうてつ
acicular cast iron

ベイナイト組織をもつ基地 (マトリックス) の中に,針状黒鉛が大きく出ている強力鋳鉄。特殊鋳鉄の一種。ベイナイトとは,普通の鋳鉄に特殊元素 (ニッケルクロムモリブデンなど) を添加して得られるもの。引張り強さは 1mm2あたり 45~65kgで,粘り強さもあり,被切削性も良好で,衝撃荷重のかかる機械部品に使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android