コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木三郎 すずき さぶろう

1件 の用語解説(鈴木三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木三郎 すずき-さぶろう

1920-1987 昭和時代後期の農芸化学者。
大正9年7月23日生まれ。昭和29年科学研究所(現理化学研究所)主任研究員となる。農業用抗生物質ポリオキシンに関する研究で49年学士院賞。53年大妻女子大教授。昭和62年12月30日死去。67歳。栃木県出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の鈴木三郎の言及

【抗生物質】より

…これが契機となって,ブラストサイジンS(住木諭介ら,1958),カスガマイシン(梅沢浜夫ら,1965)が開発された。そのほかイネの白葉枯病に対するセロサイジン(住木諭介ら,1958),イネの紋枯病に対するバリダマイシン(武田薬品工業,1971),モモの黒斑病とリンゴの斑点葉枯病などに対するポリオキシン(鈴木三郎ら,1958),うどんこ病に有効なミルディオマイシン(武田薬品工業,1983)などがある。医薬として開発されたストレプトマイシン,オキシテトラサイクリンなども農薬用抗生物質として登録されている。…

※「鈴木三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

鈴木三郎の関連キーワード朝鮮映画フルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽竹下登内閣変成相映画理論小作争議小協商

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木三郎の関連情報