コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木三郎 すずき さぶろう

1件 の用語解説(鈴木三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木三郎 すずき-さぶろう

1920-1987 昭和時代後期の農芸化学者。
大正9年7月23日生まれ。昭和29年科学研究所(現理化学研究所)主任研究員となる。農業用抗生物質ポリオキシンに関する研究で49年学士院賞。53年大妻女子大教授。昭和62年12月30日死去。67歳。栃木県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の鈴木三郎の言及

【抗生物質】より

…これが契機となって,ブラストサイジンS(住木諭介ら,1958),カスガマイシン(梅沢浜夫ら,1965)が開発された。そのほかイネの白葉枯病に対するセロサイジン(住木諭介ら,1958),イネの紋枯病に対するバリダマイシン(武田薬品工業,1971),モモの黒斑病とリンゴの斑点葉枯病などに対するポリオキシン(鈴木三郎ら,1958),うどんこ病に有効なミルディオマイシン(武田薬品工業,1983)などがある。医薬として開発されたストレプトマイシン,オキシテトラサイクリンなども農薬用抗生物質として登録されている。…

※「鈴木三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鈴木三郎の関連キーワード農芸化学・農藝化学井上吉之大山莞爾片桐英郎桜井芳人沢村真田中勝宣中島稔松井正直《農芸化学原論》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木三郎の関連情報