コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴田滋人 すずた しげと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴田滋人 すずた-しげと

1954- 昭和後期-平成時代の染色家。
昭和29年6月20日生まれ。鍋島更紗(なべしまさらさ)の技法の復興につくした父鈴田照次のあとをついで,木版摺(もくはんずり)更紗に独自の作風を確立する。昭和57年日本伝統工芸展初入選,平成8年木版摺更紗着物「樹閑」で同展日本工芸会奨励賞,10年木版摺更紗着物「漿果文」で同展NHK会長賞。日本工芸会理事。20年人間国宝。佐賀県出身。武蔵野美大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴田滋人の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴田滋人の関連情報