鉄系超伝導体(読み)テツケイチョウデンドウタイ

デジタル大辞泉の解説

てつけい‐ちょうでんどうたい〔‐テウデンダウタイ〕【鉄系超伝導体】

超伝導を示すを含む酸化物従来強磁性の鉄は超伝導に向かないと考えられていたが、2008年に絶対温度55度という銅酸化物に次いで高い転移温度をもつ鉄系超伝導体が発見された。しかしその発現機構は明らかになっておらず、研究が進められている。鉄系超伝導物質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android