コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄系超伝導体(読み)テツケイチョウデンドウタイ

デジタル大辞泉の解説

てつけい‐ちょうでんどうたい〔‐テウデンダウタイ〕【鉄系超伝導体】

超伝導を示すを含む酸化物。従来、強磁性の鉄は超伝導に向かないと考えられていたが、2008年に絶対温度55度という銅酸化物に次いで高い転移温度をもつ鉄系超伝導体が発見された。しかしその発現機構は明らかになっておらず、研究が進められている。鉄系超伝導物質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android