コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄系超伝導体 テツケイチョウデンドウタイ

デジタル大辞泉の解説

てつけい‐ちょうでんどうたい〔‐テウデンダウタイ〕【鉄系超伝導体】

超伝導を示すを含む酸化物。従来、強磁性の鉄は超伝導に向かないと考えられていたが、2008年に絶対温度55度という銅酸化物に次いで高い転移温度をもつ鉄系超伝導体が発見された。しかしその発現機構は明らかになっておらず、研究が進められている。鉄系超伝導物質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android