コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛フリー製品 なまりふりーせいひん

1件 の用語解説(鉛フリー製品の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

鉛フリー製品

工業製品等における鉛フリー(不使用)化は以前から進められてきたが、環境に関心が高まっている近年、釣り具でも大手釣り具メーカーや錘(おもり)専門メーカーなどの間で、鉛のフリー化が目立っている。鉛は毒性があるにもかかわらず、その比重の大きさ(=大きいと速く沈む)や加工性のよさから、釣り具では錘などによく利用されてきた。最近ではこの鉛の代替品として、材料費は高価だが、鉛より比重が大きく、高強度のタングステン合金が使われるようになった。また、メーカーによっては、錘の形状を工夫することで、沈下速度を速めるアイデアも生まれている。

(森田秀巳 アウトドアライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉛フリー製品の関連キーワード製品開発天底鉛フリーはんだ故買母材グリーンITサポーティングインダストリー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone