コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タングステン合金 タングステンごうきんtungsten(wolfram) alloy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タングステン合金
タングステンごうきん
tungsten(wolfram) alloy

タングステンを主成分とする合金の総称。タングステンの使用が普及したのは 1909年 W.クーリッジのスエージング (打延ばし性タングステン製造法) 発明以後で,初め電球フィラメント,その後電気接点,アーク炉およびアーク溶接用特殊電極棒として広く使われている。現在最も重要な用途は耐熱鋼磁石鋼高速度鋼などの合金添加剤 (総生産の 90%) で,次は超硬合金主剤の炭化物 WC原料 (5%) である。したがって合金として量的に重要なのはタングステン 75~85%のフェロタングステン (→合金鉄 ) である。ほかにフィラメント用のトリエーテッドタングステン ( ThO2 0.8~2.1%) とタングステンモリブデン (W-Mo等量) ,および硬質工具用ジルタン合金 (W90~10%,ジルコニウム 10~90%) がある。金属の亜タングステン酸塩 MWO3 (Mは金属) はタングステンブロンズと呼ばれる半導体性化合物で脱水素触媒に使われ,また酸化物 WO3 とそれより低次の酸化物の固溶混合物はタングステンブルーという青色顔料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タングステン合金の関連キーワードバンカー・バスター鉛フリー製品無機繊維ヘインズ徹甲弾

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タングステン合金の関連情報