コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀座ルノアール ぎんざるのあーる

2件 の用語解説(銀座ルノアールの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

銀座ルノアール

首都圏で「喫茶室ルノアール」「ミヤマ珈琲」などを展開する喫茶店チェーン。1964年、有限会社花見煎餅の喫茶部門が独立して発足し、東京・日本橋に喫茶室ルノアールの1号店を開店。以後、喫茶店の直営店チェーンへと成長し、日本証券業協会での株式店頭登録を経て、2004年にジャスダックに上場した。2000年頃から新業態を次々と打ち出し、12年には国内でカナダ発のセルフコーヒーチェーン「ブレンズコーヒー」を展開する株式会社ビーアンドエムを買収。従来型の直営方式の喫茶店に加え、フランチャイズ方式の店舗展開にも着手した。13年、筆頭株主である花見煎餅の全株式をキーコーヒーが取得したことから同社の傘下に入り、今後は同社の販売網を活用した多店舗展開を進めるとしている。

(2013-1-29)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

銀座ルノアール

正式社名「株式会社銀座ルノアール」。英文社名「GINZA RENOIR CO., LTD」。小売業。昭和39年(1964)前身の「有限会社花見商事」設立。同54年(1979)設立。本社は東京都中野区中央。喫茶店チェーン。首都圏中心に喫茶店「喫茶室ルノアール」を出店。カフェ業態の店舗も展開。JASDAQ上場。証券コード9853。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀座ルノアールの関連キーワードノアールティールームノアール小説みやま公園首都圏整備計画帰宅困難者対策の東高西低首都圏でも都心回帰喫茶室ルノアール,C.ルノアール,P.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銀座ルノアールの関連情報