コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀行オンライン ぎんこうオンラインon-line banking system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀行オンライン
ぎんこうオンライン
on-line banking system

銀行預金者の通帳内容をすべて中央のコンピュータファイルに入れておき,預金者の要求に応じて各支店から直接中央のコンピュータの該当者のファイルにアクセスして,金額の出し入れを行う方式。日本の都市銀行,主要地方銀行はすべてこの方式となっている。最近はキャッシュディスペンサ (現金自動払出機) が各銀行に設けられており,顧客のもつ磁気カードを挿入することにより,中央のコンピュータのその人の通帳勘定が行われるようになってきた。この場合,個人の識別を誤りなく行うこと,中央のファイルを絶対に破壊されないようにすること,全国からの同時多数のアクセスを許された時間内にさばくこと,などが主要な問題である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

銀行オンラインの関連キーワードシステム工学端末装置

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀行オンラインの関連情報