コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気カード じきかーど

5件 の用語解説(磁気カードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

磁気カード

磁気によってデータを保存、管理しておくカードのこと。低コストと利便性から、キャッシュカードクレジットカードなどに利用されている。磁気カードリーダー呼ばれる機器を利用してデータを読み取るが、セキュリティ面での信頼性の低さから、最近ではICカードが主流になりつつある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じき‐カード【磁気カード】

表面の一部または全体に磁性材料を塗布して、情報を記録するようにしたカード。プリペイドカードなどに使用される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じきカード【磁気カード】

表面に磁気テープを貼り付け、その部分にデータを記憶させるカード。キャッシュ-カードなどに用いられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気カード
じきカード
magnetic card

プラスチック製のカードに磁性粉を塗布したもの。種々の規格がある。コンピュータ外部記憶装置に用いられるものもあるが,磁気ドラム磁気ディスクほどには普及していない。一方,銀行の現金自動払出機に用いられるキャッシュカード,テレホンカード,卓上電子計算器の外部記憶用などにも利用され,これらは普及している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁気カード
じきかーど
magnetic card

磁気記録によってデータを記録する磁性面をもつカード。1960年にコンピュータの記憶装置用に開発されたが、ほとんど実用されず、76年にコンピュータの読み出し用として今日の形式のものが現れ、普及した。これは磁気ストライプカードともよばれ、名刺大のプラスチックの規定された位置に6.3ミリメートル幅の磁気ストライプが貼付(ちょうふ)され、ストライプの一つのトラックには単位符号が、他のトラックには数字が記憶されたものである。
 現在、日本ではそのサイズからJIS規格カード、サイバネ規格カード、その他の独自規格によるカードが流布しているが、記録面からみるとストライプカードか全面塗布カードのいずれかである。たとえば、キャッシュカード、クレジットカードはJIS規格のストライプカード、テレホンカードはJIS規格の全面塗布カード、鉄道定期券はサイバネ規格の全面塗布カードである。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磁気カードの関連情報