コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅損 どうそんcopper loss

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銅損
どうそん
copper loss

抵抗損 ohmic lossともいう。電流の流れている導線の,ジュール熱による電気エネルギーの損失。主として電動機,発電機,電磁石などの巻線についていう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の銅損の言及

【損失】より

…電気機器においては,有効に利用されずに失われる電力および動力を損失といい,損失がわかれば効率efficiencyは次式で算出される。損失には銅損,鉄損,漂遊負荷損があり,回転機ではさらに機械損がある。銅損(抵抗損ともいう)はI2R(Iは電流,Rは抵抗)の形で銅線中でジュール熱として発生する損失,鉄損は鉄心中の磁束が時間的に変化するときに磁気ヒステリシスおよび渦電流に基づいて発生する損失,機械損は静止部分と回転部分との間の摩擦(軸受部とブラシの部分で起こる)および回転部分の扇風作用による損失であり,漂遊負荷損は以上の各損失に含まれない損失である。…

※「銅損」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

銅損の関連キーワードオートトランス電力損失コイル