巻線(読み)まきせん(英語表記)winding

翻訳|winding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻線
まきせん
winding

電気機器において一つの電気回路を形成するコイル集りをいう。回転機では電磁石をつくるための界磁巻線磁束を切って起電力を発生する電機子巻線などがある。変圧器では一次巻線,二次巻線などがある。導体導電率の高い電気銅が主であるが,アルミニウムなども使用される。特に多く使われるのは,丸銅線である。大型電気機器には平角型のものが用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巻線の関連情報