導線(読み)どうせん

精選版 日本国語大辞典「導線」の解説

どう‐せん ダウ‥【導線】

〘名〙
電流を通すための導体針金。導体にはアルミニウム、鉄などが用いられる。電線
※想実論(1890)〈石橋忍月〉四「黄金の導線を夫より心に架するものなり」
数学で、一定の曲線に沿って直線が移動してできる曲面に対する、その曲線の称。特に、柱面や錐面に対してよく用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android