コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導線 ドウセン

大辞林 第三版の解説

どうせん【導線】

端子間をつないで電流を通ずる針金。電線。
〘数〙 ある曲線に沿って直線が移動することにより一つの曲面が生ずるとき、その曲面に対する曲線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

導線
どうせん

母線」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

導線の関連キーワードソレノイド(電磁気学)フレミングの左手の法則ヴェルトハイム効果ロゴスキーコイルフレミングの法則フラットケーブルループアンテナゼーベック効果ジュールの法則オームの法則カウトレーナプリント配線電磁海流計ソレノイド右手の法則誘導電動機絶縁テープレッヘル線アンペアリード線

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

導線の関連情報