コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅配線技術 どうはいせんぎじゆつ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

銅配線技術

マイクロプロセッサーの新しい配線技術のひとつ。従来のアルミ配線に代わり、チップをより高い周波数で動作させるために各社が採用を始めている。すでに400MHz銅配線チップを使ったアクセラレーターも開発中。バスクロック周波数50MHzのTsunamiロジックボード用アクセラレーターは8倍速の400MHzチップで頭打ちとなる。IBMは0.2ミクロンのチップを試作。Intelは0.18ミクロンの試作チップを開発し、900MHzで動作させた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐はいせんぎじゅつ【銅配線技術】

copper interconnection technologyマイクロプロセッサーなどの配線に銅を使用する基盤技術。従来使用されていたアルミニウムに比べ、消費電力が少なく高速で動作するといった利点がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

銅配線技術の関連キーワードConan

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android