コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅配線技術 どうはいせんぎじゆつ

2件 の用語解説(銅配線技術の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

銅配線技術

マイクロプロセッサーの新しい配線技術のひとつ。従来のアルミ配線に代わり、チップをより高い周波数で動作させるために各社が採用を始めている。すでに400MHz銅配線チップを使ったアクセラレーターも開発中。バスクロック周波数50MHzのTsunamiロジックボード用アクセラレーターは8倍速の400MHzチップで頭打ちとなる。IBMは0.2ミクロンのチップを試作。Intelは0.18ミクロンの試作チップを開発し、900MHzで動作させた。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どう‐はいせんぎじゅつ【銅配線技術】

copper interconnection technology》マイクロプロセッサーなどの配線に銅を使用する基盤技術。従来使用されていたアルミニウムに比べ、消費電力が少なく高速で動作するといった利点がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銅配線技術の関連キーワードASMPFPUSPARCMIMD命令セットクアッドコアプロセッサーエックスはちろくX86マイクロプロセッサー多重プロセッサーマルチコアプロセッサー

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone