銘柄販売(読み)めいがらはんばい(英語表記)sales by brand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銘柄販売
めいがらはんばい
sales by brand

特定の商品に特別な銘柄をつけることによって販売環境や販売条件をよくし,それによって有利な販売活動を展開しようとする販売政策。商品に銘柄 (ブランド) を付することによって得られる利点としては,(1) 広告宣伝がしやすくなる,(2) 商品の信用を高める,(3) 市場の流通が容易となる,(4) 販売価格が安定するなどがあげられる。さらに既成のブランド・イメージを採用することによって,新製品や改良品の市場導入を容易にし,また複数の銘柄を有機的に使い分けることによって,多様化する消費者の価値観に対応することも可能である。銘柄販売は,もっぱら大規模な製造業者や販売業者,それに特異な技術や知識をもった専門メーカーや専門店によって好んで用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android