コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭持ち首 ゼニモチクビ

デジタル大辞泉の解説

ぜにもち‐くび【銭持ち首】

着物のを前に引き詰めて着ること。銭を多く懐中に入れると重みで襟が前に引っ張られるところからいう。
「ひだるさに寒さにすくむ衿(えり)つきよ―は名のみなりけり」〈後撰夷曲集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android