錐を立つる地(読み)きりをたつるち

精選版 日本国語大辞典「錐を立つる地」の解説

きり【錐】 を 立(た)つる地(ち)

を立てるような、ごくせまい場所。もと、所有についていったが、のち、「錐を立つる地もない」などの形で人の群がるさまにいう。立錐(りっすい)の地。
太平記(14C後)一五「錐(キリ)を立つるの地も見えず、身を峙てて打囲みたり」
※談義本・根無草(1763‐69)前「木戸口はどやどやもやもや、錐を立つるの地もなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android