木戸口(読み)きどぐち

精選版 日本国語大辞典「木戸口」の解説

きど‐ぐち【木戸口】

〘名〙
(とりで)の出入口。城門の入口。
平家(13C前)九「生田の森を、大手木戸口とぞ定めける」
② 家や露地などに設けられた木戸の出入口。戸口。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「前垂掛の男が黙って木戸口から入って来て」
③ 劇場など興行場の出入口。木戸。
※俳諧・天満千句(1676)三「より棒て天狗たをしは夥し〈西花〉 てんかくの舞見する木戸口〈素玄〉」
歌舞伎大道具で、家の出入口や邸内と外部とのなどに使用するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「木戸口」の解説

きど‐ぐち【木戸口】

などの、木戸のある出入り口。また、その辺り。
興行場の出入り口。木戸。
城・さくなどの出入り口。木戸。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android