木戸口(読み)キドグチ

デジタル大辞泉の解説

きど‐ぐち【木戸口】

庭などの、木戸のある出入り口。また、その辺り。
興行場の出入り口。木戸。
城・柵(さく)などの出入り口木戸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きどぐち【木戸口】

家や露地の木戸の出入り口。
劇場の出入り口。
歌舞伎の大道具の一。家の出入り口などに使用する。
城・柵さく・関所などの通行口。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きど‐ぐち【木戸口】

〘名〙
① 城や砦(とりで)の出入口。城門の入口。
※平家(13C前)九「生田の森を、大手の木戸口とぞ定めける」
② 家や露地などに設けられた木戸の出入口。戸口。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「前垂掛の男が黙って木戸口から入って来て」
③ 劇場など興行場の出入口。木戸。
※俳諧・天満千句(1676)三「より棒て天狗たをしは夥し〈西花〉 てんかくの舞見する木戸口〈素玄〉」
④ 歌舞伎の大道具で、家の出入口や邸内と外部との境などに使用するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木戸口の関連情報