木戸口(読み)キドグチ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 城や砦(とりで)の出入口。城門の入口。
※平家(13C前)九「生田の森を、大手の木戸口とぞ定めける」
② 家や露地などに設けられた木戸の出入口。戸口。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「前垂掛の男が黙って木戸口から入って来て」
③ 劇場など興行場の出入口。木戸。
※俳諧・天満千句(1676)三「より棒て天狗たをしは夥し〈西花〉 てんかくの舞見する木戸口〈素玄〉」
④ 歌舞伎の大道具で、家の出入口や邸内と外部との境などに使用するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木戸口の関連情報