コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦城山 きんじょうさん Kǔmsŏng‐san

1件 の用語解説(錦城山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんじょうさん【錦城山 Kǔmsŏng‐san】

朝鮮,全羅南道羅州の鎮山。現在も韓国におけるシャマニズムの一大中心地である。上室祠,中室祠,下室祠,国祭祠,禰祖堂の5祠堂からなる錦城山祠がある。《東国輿地勝覧》羅州牧の条に,高麗忠烈王4年(1278),錦城山の神が巫(みこ)に降りて,〈自分は珍島耽羅の制圧に功があったのになぜ賞さないのか。定寧公になすべきだ〉といったので,王は毎年5石の官禄を献じて春秋に祭ったという。錦城堂の信仰が高麗末期から盛んになったらしいことがうかがえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

錦城山の関連キーワード全羅南道全羅北道光州事件巨文島光州和順順天羅南阿奈井文彦金三奎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

錦城山の関連情報