コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦城山 きんじょうさんKǔmsŏng‐san

1件 の用語解説(錦城山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんじょうさん【錦城山 Kǔmsŏng‐san】

朝鮮,全羅南道羅州の鎮山。現在も韓国におけるシャマニズムの一大中心地である。上室祠,中室祠,下室祠,国祭祠,禰祖堂の5祠堂からなる錦城山祠がある。《東国輿地勝覧》羅州牧の条に,高麗忠烈王4年(1278),錦城山の神が巫(みこ)に降りて,〈自分は珍島耽羅の制圧に功があったのになぜ賞さないのか。定寧公になすべきだ〉といったので,王は毎年5石の官禄を献じて春秋に祭ったという。錦城堂の信仰が高麗末期から盛んになったらしいことがうかがえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

錦城山の関連情報