コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東国輿地勝覧 とうごくよちしょうらん Tongguk-yǒji-sǔngram

2件 の用語解説(東国輿地勝覧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東国輿地勝覧
とうごくよちしょうらん
Tongguk-yǒji-sǔngram

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 時代に官撰された文化史的地誌。朝鮮王朝では王朝の基礎が成立すると,中国の『大明一統志』などにならって全道の地誌の編纂に着手し,まず世宗 14 (1432) 年に,尹淮,申檣らによって『新撰八道地理志』 (8巻) を撰進し,それが『世宗実録地理志』に編入された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうごくよちしょうらん【東国輿地勝覧】

朝鮮,李朝時代の地誌。1481年(成宗12),王命により50巻が編纂され,数回の改訂増補ののち1530年,《新増東国輿地勝覧》55巻として完成した。全国総図と各道地図を掲げ,中国の《大明一統志》の影響をうけて,朝鮮全土の郡県ごとに建置沿革,属県,郡名,姓氏,風俗,形勝,山川,土産,城郭,熢燧,学校,駅院,楼亭,橋梁,仏宇,祠廟,陵墓,古跡,名宦,人物,題詠などの項目に分けて記述。《周官六翼》など,本書編纂当時に存在してその後失われた書籍も引用し,15~16世紀朝鮮の研究に不可欠の史料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東国輿地勝覧の関連キーワード高橋亨李霆蝦夷志訓民正音士禍大東輿地図李朝輿地誌略Seoul場市

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone