東国輿地勝覧(読み)とうごくよちしょうらん(英語表記)Tongguk-yǒji-sǔngram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東国輿地勝覧
とうごくよちしょうらん
Tongguk-yǒji-sǔngram

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 時代に官撰された文化史的地誌。朝鮮王朝では王朝の基礎が成立すると,中国の『大明一統志』などにならって全道の地誌の編纂に着手し,まず世宗 14 (1432) 年に,尹淮,申檣らによって『新撰八道地理志』 (8巻) を撰進し,それが『世宗実録地理志』に編入された。さらに成宗 12 (81) 年に第1稿が,同 18年に改撰の『新撰輿地勝覧』 (55巻) ができた。それらはさらに手を加えられ,16世紀前半の中宗 25 (1530) 年に,李こうらに命じて増補させたものが『新増東国輿地勝覧』 (55巻) として刊行され,光海君3 (1611) 年に多少改訂された。京都,漢城,開城府のほか全8道の各州,府,郡,県について略図を付し,建置の沿革,郡名,姓氏,風俗,形勝,山川,土産,城郭,関防,烽燧,宮室,楼亭,学校,駅院,橋梁,部坊,公廨,仏宇,祠廟陵墓古跡,名宦,人物,孝子,烈女,題詠など 26の項目があり,重要な文献の引用だけでなく,詩文や伝承記録まで包括されていて,文化史の史料としても重要な地誌である。 1958年大韓民国で古典刊行会から洋装本1冊として出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうごくよちしょうらん【東国輿地勝覧】

朝鮮,李朝時代の地誌。1481年(成宗12),王命により50巻が編纂され,数回の改訂増補ののち1530年,《新増東国輿地勝覧》55巻として完成した。全国総図と各道地図を掲げ,中国の《大明一統志》の影響をうけて,朝鮮全土の郡県ごとに建置沿革,属県,郡名,姓氏,風俗,形勝,山川,土産,城郭,熢燧,学校,駅院,楼亭,橋梁,仏宇,祠廟,陵墓,古跡,名宦,人物,題詠などの項目に分けて記述。《周官六翼》など,本書編纂当時に存在してその後失われた書籍も引用し,15~16世紀朝鮮の研究に不可欠の史料である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android