制圧(読み)せいあつ

精選版 日本国語大辞典「制圧」の解説

せい‐あつ【制圧】

〘名〙 威力をもって相手の力や気持などをおさえつけ、自由にさせないこと。おさえとどめること。
※幕末御触書集成‐六・元治元年(1861)正月二七日「如何せん昇平二百有余年、威武の以て外寇を制圧するに足らざることを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「制圧」の解説

せい‐あつ【制圧】

[名](スル)威力で相手を押さえつけること。「暴徒を制圧する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android