コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋屋吉兵衛 なべや きちべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋屋吉兵衛 なべや-きちべえ

?-? 江戸時代後期の陶画工。
天保(てんぽう)11年(1840)加賀(石川県)小松から金沢にうつり民山窯で絵付けをする。嘉永年間石川郡熊走(くまばしり)村に窯をひらき,人物などの色絵(赤絵)をつけた。彫刻にもすぐれた。加賀出身。号は松下堂文篁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鍋屋吉兵衛の関連キーワード内海吉造久録天保

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android