コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色絵 いろえ

5件 の用語解説(色絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色絵
いろえ

金工用語,陶磁用語。金工では,刀剣の装飾金具などで,色彩の異なる数種の金属を組合せて象眼文様をつくることをいう。陶磁器では,器物の表面に赤,緑,黄などの彩釉を用いて上絵付けをしたものをさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いろ‐え〔‐ヱ〕【色絵】

彩色した絵。着色画。⇔墨絵
金銀などの薄い板を他の金属の彫刻した部分に焼きつける技法。
本焼きした陶磁器の釉(うわぐすり)の上に軟質の顔料で絵や文様を彩色し、低い火度で焼きつけたもの。上絵付け

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いろえ【色絵】

陶磁器の装飾技法の一つ。五彩,赤絵,錦手,染錦手,十錦手などを総括していう。基本的には白磁,白釉陶,白化粧地透明釉陶などを素地として,特殊な絵具で文様を上絵付し,低火度で焼き付ける。この技法は世界に流布しているが,創始は中国金代12世紀末と推定される。14世紀にはペルシアのミナイ手が案出され,日本では17世紀に有田焼と京焼で始まり,18世紀以降ヨーロッパにも広まった。赤絵【矢部 良明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いろえ【色絵】

彩色した絵。
陶磁器の上絵うわえ。また,各種の彩釉さいゆうを使って上絵付けする手法。赤絵。錦手にしきで。五彩ごさい
金銀の薄板を他の金属に焼きつける技法。融点の低い特別の鑞ろうを使う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

色絵
いろえ

赤絵、錦手(にしきで)、五彩(ごさい)ともいう。陶磁器の基本的な加飾法の一つで、白釉(はくゆう)陶、白磁胎の釉面に赤、黄、緑など各種の彩釉を使って上絵付けする手法。白釉陶や白磁をつくる透明釉は高火度の1250~1300℃で焼製されるため、大規模な本窯が用いられる。一方、絵の具に用いる釉彩はやはり一種の釉薬であるが、これは鉛釉を基礎にしているところから、800℃前後で調製される。したがって、本窯で精製された透明釉陶磁を再度、錦窯(きんがま)とよばれる小規模な窯に入れて低火度の酸化炎で各種の釉彩を焼き付けると、素地(きじ)をつくる透明釉はまだわずかに溶ける段階にあり、ここで上絵の具は良好に呈色して釉面としっくり溶け合うことになる。この釉彩は赤と他の色(黄、緑、紺、黒など)とに大別され、調整が異なる。いずれも鉛釉の基礎をなすのは白玉(フリット)とよばれる鉛釉の玉であり、この白玉に硫酸鉄(緑礬(りょくばん))を焼いてさらしたものと混合して赤絵の具をつくり、色絵陶磁は華やかなこの赤絵の具が活躍するために、江戸時代の初期から赤絵という色絵の総称語がつくられたほどであった。他の釉彩は白玉のほかに酸化鉛(鉛白(えんぱく))やケイ酸(日の岡(ひのおか))を加え、呈色剤に硫酸鉄、酸化銅、その他を使って各種の色釉をつくる。すなわち長石質の高火度釉の上に、鉛釉の低火度釉を上のせしたのが色絵の原理であり、この2種の釉(うわぐすり)こそまさに東洋陶磁器を形成する二大釉であったところから、世界に先駆けて東洋で色絵陶磁が焼かれ始めるのは当然のことであった。
 世界で最初に色絵を考案したのは中国華北の磁州窯(じしゅうよう)であり、12世紀末の金(きん)時代であった。初めは白釉陶が基礎となっていたが、14世紀元時代後半には景徳鎮窯(けいとくちんよう)で白磁胎の色絵、中国流にいって五彩がつくりあげられ、明清(みんしん)陶磁の寵児(ちょうじ)となった。日本では江戸前期の1640年(寛永17)ごろに九州有田の酒井田柿右衛門(かきえもん)が中国人に学んで開発した。ペルシアでは13世紀ごろおそらく独自に色絵がくふうされて、いわゆるミナイ手がつくられている。西欧では日本の伊万里焼(いまりやき)に刺激を受けて、1720年代に色絵磁器の創成がドイツのマイセン窯で進められた。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の色絵の言及

【赤絵】より

…陶磁器をおおうガラス状の被膜,釉(うわぐすり)の上に赤や緑,黄,紫,藍などガラス質の色釉(いろぐすり)で文様を施したもの。赤を主調とするところから日本でとくに赤絵と総称され,また色絵とも呼ばれ,中国では五彩と呼んでいる。また釉の上に着彩されるところから上絵(うわえ)とか上絵付とも呼ばれる。…

【江戸時代美術】より

…続く天和年間(1681‐84)の奢侈(しやし)禁止令を契機として,それまでの繡(ぬい)と絞(しぼり)による染織技法に代わり,模様染が普及しはじめた。 また,陶磁器では,江戸初期に大量に輸入された中国陶磁の刺激による色絵磁器の技法の開発が特記される。1640年代になって酒井田柿右衛門が赤絵磁器の技法を工夫し,これを契機に有田(伊万里),古九谷,鍋島などすぐれた色絵・染付磁器が各地で焼かれ,野々村仁清による色絵陶器と相まって日本陶磁史上の一つの頂点を形成した。…

【錦手】より

…白磁や白い陶胎の釉上に赤,黄,緑,紫,青,黒などの色釉(いろぐすり)や金,銀彩で上絵付(うわえつけ)した陶磁器の日本での総称。日本では単に赤絵,色絵ともいい,中国では五彩(ごさい)とも呼ぶ。江戸時代の初期に中国から輸入された,明末の嘉靖の五彩磁,金襴手(きんらんで),万暦赤絵や,清初の南京赤絵,色絵祥瑞(しよんずい)などの影響を受け,肥前有田では磁胎の錦手が,京都では陶胎の錦手が始められた(有田焼)。…

※「色絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

色絵の関連キーワード愛人彡旁松柏彩・濃チェリー花菱爛然目の色

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

色絵の関連情報