コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島 直大 ナベシマ ナオヒロ

20世紀日本人名事典の解説

鍋島 直大
ナベシマ ナオヒロ

江戸時代末期〜大正期の侯爵 元老院議官;式部長官;貴院議員。



生年
弘化3年8月27日(1846年)

没年
大正10(1921)年6月19日

出生地
肥前国佐賀城二の丸(佐賀県)

別名
幼名=淳一郎,直縄,前名=茂実(信濃守)

経歴
文久元年(1861年)最後の佐賀藩主となる。藩政刷新に努め、慶応3年(1867年)フランスの万国大博覧会に有田焼を出品。明治元年2月議定職、外国事務局輔加勢、同局権輔、3月横浜裁判所副総督となり、戊辰戦争では藩兵を東北に派遣。同年6月外国官副知事に任命され、対スペイン和親条約締結全権委員となり、のち左近衛権少将、参与職につく。2年薩長土3藩と版籍奉還を首唱、4年廃藩置県後イギリスに留学。12年帰国して外務省御用掛、13年駐イタリア公使となる。15年帰国して元老院議官、17年候爵授爵。同年式部長官、23年貴院議員、30年宮中顧問官を歴任。皇典講究所長、国学院院長も務めた。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

鍋島 直大の関連キーワード柳川一蝶斎(3代)梨本 伊都子松平 信子鍋島 直縄鍋島 栄子佐賀(市)梨本伊都子鍋島直正川崎道民百武兼行佐嘉神社鍋島茂精鍋島栄子鍋島直縄松平信子都の春

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鍋島 直大の関連情報