コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎔笵 ようはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎔笵
ようはん

金属器やガラス器を製作する際,その型をつくるため型入れする鋳型のことをいう。鋳型は砂,土,石などでつくられるが,その多くは製品が完成するとそれを取出すため原型をこわしてしまうので,残存する例は石を除いては少い。大阪府茨木市東奈良遺跡では,凝灰質砂岩でつくられた流水文銅鐸用の完全な鋳型が発見され注目された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ようはん【鎔笵】

考古学で、鋳型いがたのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鎔笵の関連キーワード瓜生堂遺跡須玖遺跡考古学同笵鏡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android