コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東奈良遺跡 ひがしならいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東奈良遺跡
ひがしならいせき

大阪府茨木市東奈良,沢良宜西一帯に存在する弥生時代前期から中世に及ぶ集落址。千里丘陵から東に延びる微高地上にあり,範囲は東西,南北ともに 800mをこえると推定される。 1971年に発見されて以来,東奈良遺跡調査会によって数次にわたる発掘調査が行われ,弥生時代のものとしては,前期,中期,後期の方形周溝墓住居址,溝,古墳時代のものとしては,前期の大溝や住居址などが発見されている。出土した遺物には,多くの土器や木器などがあるが,74~75年の調査では,石製の銅鐸鎔笵,土製の銅戈および勾玉の鎔笵や鞴 (ふいご) など鋳造に関係する遺物が出土した。銅鐸の鎔笵はすべて神戸層群中に産する凝灰質砂岩でつくられたもので,古段階の外縁鈕式と中段階の扁平鈕式のものがある。これらの鎔笵の一つからは,大阪府豊中市桜塚出土鐸と香川県善通寺市我拝師山出土鐸が製作され,他の一つからは,兵庫県豊岡市気比出土第3号鐸が製作されたことが明らかとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

東奈良遺跡

銅鐸の鋳型35点などが1973年以来の調査で出土している、大阪府茨木市の弥生時代の遺跡。99年6月に新たに、前例のない小銅鐸(高さ14.2cm)が見つかり、謎の多い銅鐸の起源を解く鍵になりそうだ。約2000年前(弥生時代中期)の溝に埋もれていたが、摩滅がひどく、製作から埋もれるまでに2世紀前後は経っているとの指摘もある。日本的な綾杉文(あやすぎもん)、朝鮮式の中央型持ち穴など、双方の特徴がある。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしならいせき【東奈良遺跡】

大阪府茨木市東奈良および沢良宜西一帯に存在する弥生~古墳時代の遺跡。弥生時代前期のものとしては,集落をめぐる溝のほか,方形周溝墓群が発見されており,方形周溝墓の出現が弥生時代前期にまでさかのぼることが実証された。弥生時代中期のものとしては,溝や住居跡,方形周溝墓等多くの遺構が発見されている。出土遺物のうち特に注目されるものは,銅鐸およびガラス製勾玉などの鋳造に関係する遺物である。銅鐸の鋳型はすべて凝灰質砂岩製であり,発見された鋳型のうちには,大阪府豊中市桜塚出土鐸と香川県善通寺市我拝師山出土鐸を鋳造したものと,兵庫県豊岡市気比出土第3号鐸を鋳造したことが明らかなものがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東奈良遺跡
ひがしならいせき

大阪府茨木(いばらき)市東奈良、奈良、沢良宜(さわらぎ)西、天王、若草町一帯の沖積平野に位置する弥生(やよい)時代前期から鎌倉時代まで続く複合遺跡。1971年(昭和46)東奈良二丁目の水路改修工事中付近の中学生らによって発見された。工房跡は確認されていないが、銅鐸(どうたく)、銅戈(どうか)、勾玉(まがたま)の鋳型などが大量に発見され、これら、銅鐸などの製造地であることがわかった。また、出土した第2号鋳型からは香川県善通寺市我拝師(がはいし)山出土銅鐸と大阪府豊中(とよなか)市原田神社境内出土銅鐸の二つが、第3号鋳型からは兵庫県豊岡(とよおか)市気比(けひ)出土3号銅鐸がそれぞれ鋳造されたことがわかっている。[奥田 豊]
『『大阪府史 第一巻 古代編I』(1978・大阪府)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東奈良遺跡の関連キーワード沖積平野奥田

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android