コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎖の間 くさりのま

大辞林 第三版の解説

くさりのま【鎖の間】

座敷の種類の一。座敷の性格としては書院に属し、座敷飾りができる。古田織部や小堀遠州らは、小座敷と結び、さらには書院までつなぐことにより、一日の内に座をかえて茶を楽しみ、かつ小座敷では得られない、書院風の座敷飾りを茶会にとりいれることを可能にした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鎖の間の言及

【小堀遠州】より

…早くより古田織部に茶の湯を学び,品川御殿作事奉行の任にあった1636年(寛永13),同御殿で3代将軍徳川家光に献茶し,ここからいわゆる将軍家茶道師範の称がおこった。大名茶全盛時代にふさわしく茶室,鎖の間(小座敷と書院の中間に位する座敷),書院の一体化をはかり,台子(だいす)の茶法を中心とする〈きれいさび〉の茶を主張した。茶道具においても名物の位付け(中興名物)を定めるとともに,遠州七窯といわれる国焼の振興,塗師近藤道志(石地塗(いじいじぬり))の指導など,茶の湯全般に工夫を行っている。…

※「鎖の間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鎖の間の関連情報