コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎖の間 くさりのま

大辞林 第三版の解説

くさりのま【鎖の間】

座敷の種類の一。座敷の性格としては書院に属し、座敷飾りができる。古田織部や小堀遠州らは、小座敷と結び、さらには書院までつなぐことにより、一日の内に座をかえて茶を楽しみ、かつ小座敷では得られない、書院風の座敷飾りを茶会にとりいれることを可能にした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鎖の間の言及

【小堀遠州】より

…早くより古田織部に茶の湯を学び,品川御殿作事奉行の任にあった1636年(寛永13),同御殿で3代将軍徳川家光に献茶し,ここからいわゆる将軍家茶道師範の称がおこった。大名茶全盛時代にふさわしく茶室,鎖の間(小座敷と書院の中間に位する座敷),書院の一体化をはかり,台子(だいす)の茶法を中心とする〈きれいさび〉の茶を主張した。茶道具においても名物の位付け(中興名物)を定めるとともに,遠州七窯といわれる国焼の振興,塗師近藤道志(石地塗(いじいじぬり))の指導など,茶の湯全般に工夫を行っている。…

※「鎖の間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎖の間の関連キーワード生体膜マイクロドメインアクリル酸エステル遠州流(茶道)熱可塑性樹脂架橋高分子座敷飾り古田織部茶室一覧リグニン吸着音小座敷紅柱石遠州流茶室膨潤輝石書院

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android