コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡天井 カガミテンジョウ

デジタル大辞泉の解説

かがみ‐てんじょう〔‐テンジヤウ〕【鏡天井】

格縁(ごうぶち)などをもたず、鏡のように平面に板を張って仕上げた天井禅宗様建築に多くみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かがみてんじょう【鏡天井】

棹縁さおぶちや格縁ごうぶちなどを用いず、板を鏡のように平滑に張って仕上げた天井。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鏡天井の言及

【社寺建築構造】より

…なお,天井には,周囲から斜めに立ち上がり,中央を平らにするものがあり,折上(おりあげ)天井という。禅宗様では周囲を化粧屋根裏とし,中央は下面に桟を出さない鏡天井とする。
[出入口,建具,欄間]
 和様の建具は奈良時代までは板扉で,平安時代以後は住宅からとり入れた蔀戸(しとみど)や舞良戸(まいらど)も使われるようになる。…

【天井】より

…棹縁の断面は正方形に近く,小さな面をとるのがふつうであるが,丈が高く左右に大きな角度で広い面(断面が猿のほおのような形のため,猿頰面(さるほおめん)という)をとった棹縁を使う〈猿頰天井〉も鎌倉時代に現れる。同じ鎌倉時代には禅宗建築が渡来し,そこでは〈鏡天井〉が用いられた。白木の天井板を平面にならべて張り,格縁などの装飾的な部材をいっさいもたない簡素な天井である。…

※「鏡天井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鏡天井の関連キーワード清白寺格縁唐様

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鏡天井の関連情報