禅宗様建築(読み)ぜんしゅうようけんちく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

禅宗様建築
ぜんしゅうようけんちく

鎌倉時代に禅宗が布教されるに伴い、禅宗建築に用いられた建築様式。これは当時中国で行われていた宋(そう)の建築様式を模したもので、禅宗の発展とともに広く普及し、第二次世界大戦前まで唐様(からよう)とよばれていた。禅宗様建築においては、礎盤(そばん)の上に立つ柱の頂部が細められ(これを粽(ちまき)という)、柱上に台輪をのせ、詰組(つめぐみ)の組物(くみもの)(斗(ときょう))を置く。和様建築の場合の組物は柱上だけにあって、中間は間斗束(けんとづか)あるいは蟇股(かえるまた)が入るが、禅宗様建築では中間にも組物が置かれる。組物の肘木(ひじき)には円弧曲線が用いられ、上は左右に広がって組物の中に拳鼻(こぶしばな)が出る。内部は床(ゆか)を張らずに土間とし、構架は虹梁(こうりょう)・大瓶束(たいへいづか)とし、虹梁には眉欠(まゆかき)・袖切(そできり)・錫杖(しゃくじょう)彫りなどの装飾を施す。壁は竪板(たていた)張りで、扉は桟唐戸(さんからと)とし藁座(わらざ)で吊(つ)る。窓は花頭(かとう)窓、欄間は弓欄間(波欄間)で、天井は中央を鏡天井とする。屋根の軒は垂木(たるき)を放射状に配した扇垂木で、軒反りも強い。この様式はのちに和様・大仏様と一体化し、折衷様として発展した。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

禅宗様建築の関連情報