コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘匱の制 カネヒツノセイ

大辞林 第三版の解説

かねひつのせい【鐘匱の制】

大化の改新の際に設けられた制度。首長を介して民の訴状を匱に入れさせ、受け入れられない場合は、訴人に鐘を打たせるようにした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android