コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大化 タイカ

3件 の用語解説(大化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいか〔タイクワ〕【大化】

飛鳥(あすか)時代、孝徳天皇の時の年号。日本最初の公式の年号。645年6月19日~650年2月15日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいか【大化】

年号(645.6.19~650.2.15)。白雉はくちの前。孝徳天皇の代。公式年号の最初。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

たいか【大化】

日本の元号(年号)。飛鳥時代の645年から650年まで、孝徳(こうとく)天皇の代の元号。次元号は白雉(はくち)。日本最初の元号とされ、孝徳天皇の即位にともなって、645年(皇極天皇4)6月19日から用いられた。『尚書(しょうしょ)』、『漢書(かんじょ)』、『宋書(そうしょ)』などを出典とする命名。645年(大化1)6月12日、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)や中臣鎌足(なかとみのかまたり)らによって、宮中で蘇我入鹿(そがのいるか)が暗殺され、政治体制を刷新するクーデター・乙巳(いっし)の変(大化の改新の始まり)が起こった。同月14日に皇極(こうぎょく)天皇(後の斉明(さいめい)天皇、重祚(ちょうそ)による)の退位(譲位)にともない、弟の孝徳天皇が即位した。なお、大化は、それに続く白雉、朱鳥(しゅちょう)とともに、その使用について疑問視する学説もある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大化の言及

【元号】より

…中国を中心とする東洋の漢字文化圏に広まった紀年法で,前漢の武帝のときに始まる。
[元号使用の始まり]
 日本では645年(皇極4)蘇我氏の討滅を機に孝徳天皇が即位してまもなく,この年を大化元年と定めたのが最初である。大化以前において法隆寺金堂の釈迦三尊像の光背の銘や《伊予国風土記》逸文の道後温泉の碑文などによって法興という年号のあったことが知られるが,これは公式に定められたという徴証がなく,逸年号もしくは広い意味で私年号というべきであろう。…

※「大化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大化の関連キーワード飛鳥時代飛鳥文化元号年号白鳳時代逸年号改元雲斗飛鳥京跡恵隣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大化の関連情報