大化の改新(読み)タイカノカイシン

デジタル大辞泉の解説

たいか‐の‐かいしん〔タイクワ‐〕【大化の改新】

大化元年(645)から翌年にかけて中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)中臣鎌足(なかとみのかまたり)が中心となって行った、蘇我氏打倒に始まる一連の政治改革。唐の律令制を手本として、公地公民制による中央集権国家建設を目的としたもの。皇族豪族私有地・私有民の廃止、地方行政制度の確立、班田収授の法の実施、租庸調などの統一的な税制の実施などをうたった改新の詔(みことのり)を公布。大宝元年(701)の大宝律令の制定によってその政治制度は確立した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

防府市歴史用語集の解説

大化の改新

 7世紀の中ごろに行われた政治改革のことです。645年、中大兄皇子[なかのおおえのおうじ]と中臣鎌足[なかとみのかまたり]たちが中心になって、蘇我[そが]氏をたおしたことにはじまって、これまで豪族[ごうぞく]のものだった民衆を国のものにしたり、地方を国と評[こおり]に区画したりなど、これまでの政治を大きく変えようとしました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

たいかのかいしん【大化の改新】

645年(大化1)、中大兄皇子(のちの天智天皇)・中臣(藤原)鎌足らが蘇我氏を打倒して始めた古代政治史上の一大改革。蘇我蝦夷えみし・入鹿いるか父子を滅ぼした中大兄皇子は孝徳天皇を即位させ、自らは皇太子として実権を握った。翌年、公地公民制、地方行政組織の確立、戸籍・計帳の作成と班田収授法の施行、租・庸・調の統一的税制の実施を中心とした改新の詔みことのりを発布し、氏姓制度による皇族・豪族の支配を否定して、中央集権的支配の実現へと向かった。大化の新政。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大化の改新の関連情報