コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井代助 ながい だいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井代助 ながい-だいすけ

夏目漱石の小説「それから」の主人公。
30歳になっても職業につかず,父の財産にたよって生活している。ひそかに愛していた三千代を友人の平岡にゆずったが,平岡の金銭的失敗と放蕩(ほうとう)で三千代が不幸であることを知り,三千代に求愛し平岡に告白する。家から勘当されて職をさがして町にでていく。小説は明治42年東京・大阪の「朝日新聞」に連載。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長井代助の関連情報