放蕩(読み)ほうとう

精選版 日本国語大辞典「放蕩」の解説

ほう‐とう ハウタウ【放蕩】

〘名〙 (形動) 自分の思うままにふるまうこと。また、そのために身を持ちくずすこと。特に、遊びにふけって品行の修まらないこと。また、そのさま。不品行。道楽放埒(ほうらつ)
※懐風藻(751)大津皇子伝「性頗放蕩、不法度
※談義本・根無草(1763‐69)前「次第に人の心放蕩(ホウトウ)になりゆき」 〔魏志‐武帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「放蕩」の解説

ほう‐とう〔ハウタウ〕【放×蕩】

[名・形動](スル)思うままに振る舞うこと。特に、酒や女遊びにふけること。また、そのさま。「放蕩な息子」「放蕩したあげく身代を潰す」
[類語]道楽遊蕩淫蕩遊び遊興遊楽豪遊清遊惚れっぽい惚れる愛する恋する好くめる焦がれる思う慕う愛慕思慕恋慕惚れ込む見とれる見惚れる惚れ惚れ一目惚れ懸想けそう目尻を下げる思いを掛ける気がある多情浮気移り気気が多い熱し易く冷め易い気移り心移り色気違いマダムキラーレディーキラー好き者助平すけべい漁色女好き男好きプレーボーイ女たらし女殺し好色好色家色好み鼻下長びかちょう手が早いちゃら浮気者艶福艶福家蕩児とうじ色魔女狂い男狂い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android