コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放蕩 ホウトウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐とう〔ハウタウ〕【放×蕩】

[名・形動](スル)思うままに振る舞うこと。特に、酒や女遊びにふけること。また、そのさま。「放蕩な息子」「放蕩したあげく身代を潰す」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうとう【放蕩】

( 名 ) スル
ほしいままに振る舞うこと。酒や女におぼれて身持ちがおさまらないこと。 「 -息子」 「さんざん-したあげく借金までこしらえる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

放蕩の関連キーワードドリアングレイの肖像ドリアングレーの肖像都太夫一中(7代)放蕩児のなりゆき飄客・嫖客・飃客道楽者のなりゆき毛氈をかぶる放蕩息子の譬河内屋与兵衛愛想を尽かす銅鑼を打つ尻が割れるどらを打つ武林無想庵目が覚める青海舎主人どら息子流連荒亡夫婦善哉奈河亀輔

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放蕩の関連情報