長吠(読み)ながぼえ

精選版 日本国語大辞典の解説

なが‐ぼえ【長吠】

〘名〙
① 犬などが、声を長く引いてほえること。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)一一「誦経なんどし玉へば此の犬の子は長吠(ナガボヘ)するとて」
② 長たらしくしゃべること。
浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「わしは戌で長六十、うろたへ歩いて棒に逢はぬ先に、ながぼへせずといにましょと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android