誦経(読み)ずきょう

精選版 日本国語大辞典「誦経」の解説

ず‐きょう ‥キャウ【誦経】

〘名〙 (「ず」は「じゅ」の直音表記。「ずぎょう」とも)
① 経文をそらんじてとなえること。じゅきょう。
※続日本紀‐天平二〇年(748)四月壬戌「於大安寺誦経」
※源氏(1001‐14頃)浮舟「ず経所々せさせなどし侍を」
② ①の布施(ふせ)とする品物。装束や布帛(ふはく)など。ずきょうもの。じゅきょう。
※大和(947‐957頃)一六八「わが装束〈略〉みなず経にしけり」

じゅ‐きょう ‥キャウ【誦経】

〘名〙 (「じゅぎょう」とも)
① (━する) 声を出して経をとなえること。経文を暗記してとなえること。ずきょう。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「七日ばかりこもり給ひて、ひごとにじゅきゃうしつつ」
※高野本平家(13C前)三「仏寺は東大寺・興福寺以下十六ケ所に御誦経(みジュギャウ)あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「誦経」の解説

じゅ‐きょう〔‐キヤウ〕【×誦経】

[名](スル)経文を声を出して読むこと。また、そらんじて唱えること。ずきょう。「朝に夕に誦経する」

ず‐きょう〔‐キヤウ〕【×誦経】

《「ず」は「じゅ」の直音表記》「じゅきょう(誦経)」に同じ。
「かかるとみの事には、―などをこそはすなれ」〈夕顔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android