長妙女(読み)ちょうみょうじょ

朝日日本歴史人物事典の解説

長妙女

生年:生没年不詳
鎌倉時代武家の女性。肥後国人吉荘(熊本県人吉市)の地頭領主相良西信の娘。建治3(1277)年,人吉荘南方内犬童丸名田屋敷を2分して一方を譲られたが,元寇(弘安の役)のころから妹長者女の夫願心房が,舅西信の代官として異国警固番役を勤仕,そのため西信は譲状を作成し直し,長妙女には田1町,園1カ所を与えるのみとし,他をすべて長者女に譲与することとした。その妻たる娘への譲与分を増やすことで,婿の功に報いたのである。

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android