コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勤仕 キンシ

デジタル大辞泉の解説

きん‐し【勤仕】

[名](スル)《「きんじ」とも》職務・役目をつとめ、つかえること。ごんし。「宮中に勤仕する」

ごん‐し【勤仕】

きんし(勤仕)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんし【勤仕】

( 名 ) スル
つとめつかえること。 「砲術教授として-せし教頭なりしが/近世紀聞 採菊

ごんし【勤仕】

〔「ごん」は呉音〕
務めにつくこと。勤務。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勤仕の関連キーワード異国警固番役伊藤 磯十郎高沢 信一郎大山崎油座西面の武士右衛門佐局多武峰猿楽京都大番役普請奉行豊原喜秋斎藤高行安田義定伊勢猿楽藤原仲文鎌倉番役大内守護松平信綱藤原基俊三方楽人里見義高

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android