コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異国警固番役 いこくけいごばんやく

6件 の用語解説(異国警固番役の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異国警固番役
いこくけいごばんやく

鎌倉幕府が蒙古襲来 (→元寇 ) にそなえて御家人に課した北九州沿岸警備の軍役。鎮西 (ちんぜい) 御家人を帰国させ,博多湾沿岸に石築地を構築させて,防備にあたらせた。また中国地方の御家人には長門防備の任にあたらせ,これを勤仕した者は大番役を免除。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いこくけいご‐ばんやく【異国警固番役】

鎌倉時代の御家人役の一。文永8年(1271)以後、の来襲に備えた北九州沿岸防備の軍役。九州の御家人に対して鎌倉大番役京都大番役を免除する代わりに課した。異国警固役。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

異国警固番役【いこくけいごばんやく】

鎌倉後期,元(げん)の襲来に備えるため,幕府が九州地方の御家人に課した軍役。1271年から襲来に対する備えがはじまり,文永の役後に制度が整備され,九州各国の御家人は守護に従って一定期間ずつ沿岸の要地を警備した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いこくけいごばんやく【異国警固番役】

鎌倉後期,モンゴル襲来に備え,筑前,長門などの要害に交代勤番し,警固に当たった役。主として九州の御家人および九州に所領をもつ御家人が筑前国博多湾沿岸一帯の警備を分担した番役をさすが,出雲国分担の筑前国黒崎地方の警固,山陽・南海道諸国分担の長門国警固番役もある。準戦時の番役として主要な御家人役の一つであるが,その性格上地頭御家人以外の一般荘園公領の荘官以下住人(非御家人)にも賦課されている。番役の発端は1271年(文永8)9月,幕府がモンゴル襲来に備えて九州に所領をもち,しかもその地に居住せぬ御家人に対して自身または一族等の下向を命じて防御の任につかせ,また72年2月には九州在住の御家人に対して九州居住の守護少弐,大友氏らの指揮下に筑前,肥前の要害警備に当たるよう命じたのがはじまり。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いこくけいごばんやく【異国警固番役】

鎌倉幕府が蒙古襲来に備えて九州の御家人に課した軍役。九州沿岸警備のため、守護の統率のもとに交代で警備にあたり、また石塁を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異国警固番役
いこくけいごばんやく

鎌倉時代後期、蒙古(もうこ)(元(げん))軍の襲来に備えて、筑前(ちくぜん)(福岡県)、長門(ながと)(山口県)などの沿岸を交代で警備する軍役。1271年(文永8)幕府は九州に所領をもつ御家人(ごけにん)に下向を命じ、九州在住の御家人とともに防御の任にあたらせたが、その指揮は九州在住の守護少弐(しょうに)、大友(おおとも)氏らがとり、おおむね1番1か月の勤番であった。1274年(文永11)の第1回の襲来(文永(ぶんえい)の役)後、その戦訓を生かし、勤番制を整備、75年(建治1)の結番では鎮西九国を4番に分け、1番3か月あての勤番とした。しかし博多(はかた)湾沿岸を中心に石築地(いしついじ)を造営するとともに警固の受持ち区域が国ごとに固定し、各国ともそれぞれ御家人を3番または6番に結び、毎年交代勤務させることになった。1281年(弘安4)の第2回の襲来(弘安(こうあん)の役)後、制規はしだいに緩み、1304年(嘉元2)には九州を5番に分け、1番が筑前、2番が大隅(おおすみ)・薩摩(さつま)(鹿児島県)というように、番ごとに1、2国あて一年中勤番することになった。鎌倉幕府滅亡まで存続。非御家人も勤番の催促を受け、負担の配分をめぐり一族間の相論の原因にもなった。なお長門国要害警固番は山陽・南海道諸国御家人の分担であった。異国警固番役勤仕の御家人は京都・鎌倉大番役(おおばんやく)免除の措置がとられた。しかし、その負担は重く、御家人窮乏の一因となった。[五味克夫]
『相田二郎著『蒙古襲来の研究』(1958・吉川弘文館) ▽川添昭二著『蒙古襲来研究史論』(1977・雄山閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の異国警固番役の言及

【石築地】より

…築造には所領1段(約992m2)につき長さ1寸(約3cm)という基準があり,その石材としては,近辺の砂岩,花コウ岩,ペグマタイト(巨晶花コウ岩),玄武岩などが使われている。この石築地を築造・修理する課役を石築地役といい,石築地を警固する課役を異国警固番役と称した。石築地役は,守護の命令で,主として九州の御家人によって担われ,負担分の築造が完了すると,石築地役覆勘状という証明書が守護によって発行された。…

【番】より

…この大番役の負担は時代と所領規模によって異なるが,中期には12番編成,1番6ヵ月勤務が原則であった。御家人の公的負担は主として警固番役の形式をとり,番役としては,ほかに,東国御家人がおもに勤めた鎌倉大番役(12番編成,1月勤番),蒙古襲来を機に新設された九州の武士の異国警固番役(4番編成,3月勤番),中国地方の御家人が主となった長門警固番役などがあり,また西国に所領をもつ特定の御家人は在京人として京都に常住し,六波羅探題の指揮下で篝屋(かがりや)番や大楼宿直(たいろうとのい)番などを勤めた。また東国の由緒ある特定の御家人は原則として鎌倉に常住し,小侍所に属して宿直番(小侍番・小番,6番・1日1夜勤務)を勤め,近習番,申次番,廂(ひさし)番,格子上下番などの御所内諸番役に当たった。…

【肥前国】より

…肥前国御家人は御家人役勤仕(ごんじ)の際には守護に率いられて勤仕しているが,1222年(貞応1),27年(安貞1),38年(暦仁1)に京都大番役を勤仕したことがわかる。しかしモンゴル襲来の危機が迫ると,御家人はモンゴル襲来に備えて異国警固番役に従事することになり,京都大番役は免除された。 74年10月,対馬(つしま),壱岐(いき)を襲ったモンゴル軍は松浦地方沿岸にも来襲し,松浦党をはじめ肥前国住人はこれと戦ったと思われるが,その詳細は明らかではない。…

【モンゴル襲来】より

…幕府はまた,元の再襲に備えて中国や九州の防備を強化した。同年2月すでに異国警固番役(いこくけいごばんやく)の制度が整備され,1年のうち3ヵ月ずつを九州の各国が分担して博多を守ることになった。翌76年3月ごろから博多湾沿岸に石築地(いしついじ)の築造が開始された。…

※「異国警固番役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

異国警固番役の関連キーワード河野通有少弐氏長門探題蒙古襲来蒙古モンゴル襲来少弐景資少弐資能北条兼時長門警固番役

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone