コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長娘 ながのおとめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長娘 ながのおとめ

?-? 奈良時代の歌人。
天平(てんぴょう)10年(738)橘奈良麻呂(たちばなの-ならまろ)が橘諸兄(もろえ)の旧宅でもよおした宴でよんだ歌1首が「万葉集」におさめられている。長奥麻呂(おきまろ)の娘とされるがあきらかでない。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長娘の関連キーワード紫式部日記奈良時代紫式部宗義智

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長娘の関連情報