コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘諸兄 たちばなのもろえ

7件 の用語解説(橘諸兄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘諸兄
たちばなのもろえ

[生]天武13(684)
[没]天平宝字1(757).1.6.
奈良時代の政治家。皇族の出身で敏達天皇5世の子孫。父は従四位下美努 (みぬ) 王。母は県犬養橘三千代 (あがたのいぬかいのたちばなのみちよ) 。室は藤原不比等の娘多比能。本名は葛城王。和銅3 (710) 年従五位下,以後累進して,天平3 (731) 年参議,同8年弟の作為王とともに,朝廷に請うて,母の氏姓橘宿禰姓を賜わり,名を諸兄と改めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐の‐もろえ【橘諸兄】

[684~757]奈良前期の官人・歌人。母は県犬養橘三千代(あがたいぬかいのたちばなのみちよ)光明皇后の異父兄。初め葛城(かつらぎ)王。のち、臣籍に降り、橘宿禰(すくね)諸兄と改めた。藤原不比等の四子が病没したのち右大臣左大臣に昇り、政権を握ったが、藤原仲麻呂の台頭後は振るわなかった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

橘諸兄【たちばなのもろえ】

奈良時代の政治家。美努(みの)王の子,母は橘三千代。初め葛城(かつらぎ)王と称したが,736年橘宿禰(すくね)諸兄と改名。藤原不比等(ふひと)の4子が疫病に倒れたあと正一位(しょういちい)左大臣まで進み勢力を誇ったが,藤原広嗣(ひろつぐ)の乱藤原仲麻呂の台頭などで晩年は不振。
→関連項目吉備真備橘氏橘奈良麻呂橘広相橘三千代藤原広嗣保良宮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘諸兄 たちばなの-もろえ

684-757 奈良時代の公卿(くぎょう)。
天武天皇13年生まれ。三野王(みののおう)の子。母は県犬養(あがたのいぬかいの)三千代。はじめ葛城(かつらぎ)王とよばれた。天平(てんぴょう)8年臣籍にくだる。10年右大臣となり,玄昉(げんぼう),吉備真備(きびの-まきび)らを顧問に起用,藤原広嗣(ひろつぐ)の乱をきりぬけ,恭仁(くに)京遷都,大仏建立などにあたる。のち左大臣,正一位となったが,実権は藤原仲麻呂にうつった。天平勝宝9年1月6日死去。74歳。
【格言など】降る雪の白髪(しろかみ)までに大君に仕へまつれば貴くもあるか(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たちばなのもろえ【橘諸兄】

684‐757(天武13‐天平宝字1)
奈良時代前~中期の貴族,政治家。敏達天皇の孫または曾孫という栗隈王の孫,美努王の子。母は橘三千代。光明皇后の同母兄で奈良麻呂の父。葛城王と称したが,736年(天平8)11月臣籍に下りて母の氏姓をつぐことを請い,許されて橘宿禰諸兄と称するようになった。のち750年(天平勝宝2)1月朝臣姓を賜った。これよりさき731年8月藤原宇合,麻呂らとともに諸司の挙によって参議となった。737年天然痘の流行により廟堂が壊滅状態になったあと,同年9月生き残った参議鈴鹿王は知太政官事(ちだいじようかんじ)に,諸兄は大納言になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たちばなのもろえ【橘諸兄】

684~757) 奈良時代の廷臣。美努みぬ王の子。葛城王とも。母、橘三千代の姓を継いで臣籍に下った。右大臣を経て左大臣に進み、玄昉・吉備真備らと結んで勢力を築いたが、藤原仲麻呂の擡頭たいとうで実権を失った。万葉集に短歌八首を収める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘諸兄
たちばなのもろえ
(684―757)

奈良時代の政治家。敏達(びだつ)天皇の玄孫美努(みぬ)王の子。奈良麻呂(ならまろ)はその長男。葛城王と称した。母は県犬養(あがたいぬかいの)橘三千代(たちばなのみちよ)。母と母の後の夫藤原不比等(ふひと)に引き立てられ、不比等の女多比能(むすめたひの)をめとる。736年(天平8)臣籍に降(くだ)り、母の姓橘宿禰(すくね)を賜い諸兄と称した。710年(和銅3)従(じゅ)五位下に叙し、729年班田使に任ぜられた。この年に薩妙観(さつみょうかん)に贈った歌をはじめ和歌八首が『万葉集』に収められている。731年参議に任じ、翌年従三位(さんみ)に昇叙。737年左大臣藤原武智麻呂(むちまろ)をはじめその三弟、中納言多治比県守(ちゅうなごんたじひのあがたもり)らの高官多数が疱瘡(ほうそう)のため死ぬと、諸兄は同年大納言、翌年右大臣に任ぜられ、以来一(いち)の上(かみ)として756年(天平勝宝8)致仕するまで18年間政権の首座にあった。藤原氏はしばらく政権から離れ振るわなかった。
 740年秋、大宰少弐(だざいのしょうに)藤原広嗣(ひろつぐ)が九州で大軍を率いて叛(はん)した。その名目は僧玄(げんぼう)と吉備真備(きびのまきび)を除くということにあるが、両名が諸兄政権のブレーンである点よりみて、実は諸兄排斥、藤原政権回復を意図したものと推定される。乱中、天皇は10月末東国伊勢(いせ)に行幸、そのまま平城に還(かえ)らず、12月に山城(やましろ)国(京都府)相楽(そうらく)郡恭仁(くに)宮に入り、これを皇都とした。この地は諸兄の本貫に近く、遷都は諸兄の計画によるとされている。741年国分寺、同尼寺建立が発願され詔が降った。また近江(おうみ)紫香楽(しがらき)宮の造営とそれへの頻繁な行幸がみられ、743年、天皇はこの地で大仏建立発願の詔を降した。しかるに、翌年閏(うるう)正月難波(なにわ)宮行幸があり、2月に諸兄の宣で難波を皇都とする詔が出たのは諸兄の政策によるのかもしれない。天皇は紫香楽に行き、大仏造立を推進したが、反対多くて果たさず、ついに平城に還都した。
 大仏は平城の東大寺で完成した。この間に諸兄の実権はしだいに衰え、藤原仲麻呂が実力を伸長し、諸兄、奈良麻呂父子との対立は深まった。孝謙(こうけん)天皇時代に光明皇太后と仲麻呂が政権を掌握、諸兄は失意にあり、755年彼の祗承(しぞう)人(左右にいて仕える人)佐味宮守(さみのみやもり)に、太上天皇不予の際、飲酒の庭で礼なしと告訴され、太上天皇に許されたが致仕した。天平宝字(てんぴょうほうじ)元年正月6日没。[横田健一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の橘諸兄の言及

【県犬養氏】より

…彼女は夫藤原不比等を助けるかたわら,同族の繁栄をはかり,県犬養広刀自を聖武天皇の夫人とした。その子橘諸兄の時代には石次(いわすき)がこの氏ではただひとりの参議に就任したが,諸兄が権力を失うと,県犬養氏もやがて衰退していった。【黛 弘道】。…

【橘氏】より

…古代に勢力をもった氏。県犬養三千代が708年(和銅1)11月,歴代の天皇に仕えた功により橘宿禰の氏姓を賜った(橘三千代)。ついで736年(天平8)11月,美努王との間の子の葛城王と佐為王は臣籍に下って母の氏姓をつぎたい旨を上表して認められ,橘宿禰諸兄および同佐為(さい)と名のるようになった。これが橘氏のおこりである。750年(天平勝宝2)1月,諸兄は朝臣の姓(かばね)を賜っている。彼は737年の藤原4卿の急死によって政権を掌握し左大臣にまで昇ったが,藤原仲麻呂と対立し,密告によって756年2月に辞任し,翌年1月没した。…

【奈良時代】より

…その天平初年は〈咲く花の薫ふがごとし〉と歌われたのとは反対に,天候不順のための凶作・飢饉,また大地震が相次ぎ,加えて大宰府管内から流行しはじめた豌豆瘡(もがさ)(天然痘)は,737年になると平城京内に蔓延し,前代未聞といわれるほどの多数の死者が出たが,藤原氏の四卿もついにその犠牲となり,藤原氏は大きな打撃を受けた。 代わって樹立された新しい政権は知太政官事鈴鹿王(長屋王の弟),大納言橘諸兄(はじめ葛城王,母は橘三千代),中納言多治比広成らによって構成され,これに唐から帰国したばかりの玄昉(げんぼう)と下道真備(しもつみちのまきび)(のち吉備真備)が参画したが,その性格は反藤原氏的で,兵士・健児(こんでい)の停止,郡司の減員,国の併合などの行政整理を目的とするいくつかの新施策を実施した。これに対して,親族を讒乱したとして大宰少弐に左遷されていた藤原広嗣(ひろつぐ)(宇合の長子)が大宰府に拠って反乱を起こし,玄昉,真備の排除を要求した(藤原広嗣の乱)。…

※「橘諸兄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橘諸兄の関連キーワード公卿・供饗・公饗公卿給公卿僉議地下の公卿公卿の座公卿の間県犬養石次阿倍嶋麻呂多治比長野山背王

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橘諸兄の関連情報