コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾有 ながお たもつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾有 ながお-たもつ

1899-1974 大正-昭和時代の農民運動家。
明治32年8月10日生まれ。大正13年日本農民組合(日農)淡路(あわじ)連合会を組織し会長となる。15年労農党中央執行委員。共産党にはいり,昭和3年三・一五事件で逮捕される。21年日農兵庫県連合会会長。昭和49年9月7日死去。75歳。兵庫県出身。大阪歯科医専卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の長尾有の言及

【全農】より

…この年,全農は大衆行動をいっさい休止して挙国一致に協力する方針を打ち出し,戦争協力を表明した。そして翌38年2月には,全農から大日本農民組合(杉山元治郎,三宅正一ら)が分裂し,また稲村隆一,長尾有らが東方会支持の日本農民連盟を結成したため,全農はここに解体した。
[第2期]
 第2次大戦後に結成された農民組合の全国組織。…

※「長尾有」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長尾有の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android