コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎光綱 ながさき みつつな

2件 の用語解説(長崎光綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長崎光綱 ながさき-みつつな

?-? 鎌倉時代の武士。
平頼綱(よりつな)の弟(一説には甥(おい),あるいは従兄弟(いとこ))。正応(しょうおう)6年(1293)頼綱が北条貞時にほろぼされた(平禅門の乱)とき貞時につき,内管領(うちかんれい)(得宗家執事)となったとされる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長崎光綱

生年:生没年不詳
鎌倉後期の得宗被官。内管領・平頼綱の兄弟,または従兄弟。左衛門尉。居所は泉谷であろう。正応4(1291)年,鎌倉幕府奉行人および五方引付を指揮する立場の5人のうち3位に位している。6年,平頼綱が北条貞時に滅ぼされた際は貞時方につき,頼綱の後継の内管領に就いたとみられ,同年に山内新阿弥陀堂の供僧を安堵している。以後,乾元2(1303)年ごろまでその地位にあったとみられる。徳治2(1307)年の鎌倉・和賀江津の管理責任者。得宗へ取り次いだことのなかには同3年の「平政連諫草」(幕府官僚平政連の提出した諫状)があり,貞時の側近であった。<参考文献>細川重男「内管領長崎氏の基礎的研究」(『日本歴史』479号)

(福島金治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎光綱の関連キーワード内管領平頼綱得宗長崎高資義兄弟安東蓮聖飯沼助宗諏訪真性長崎高重長崎高綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone