コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎光綱 ながさき みつつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長崎光綱 ながさき-みつつな

?-? 鎌倉時代の武士。
平頼綱(よりつな)の弟(一説には甥(おい),あるいは従兄弟(いとこ))。正応(しょうおう)6年(1293)頼綱が北条貞時にほろぼされた(平禅門の乱)とき貞時につき,内管領(うちかんれい)(得宗家執事)となったとされる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長崎光綱

生年:生没年不詳
鎌倉後期の得宗被官。内管領・平頼綱の兄弟,または従兄弟。左衛門尉。居所は泉谷であろう。正応4(1291)年,鎌倉幕府奉行人および五方引付を指揮する立場の5人のうち3位に位している。6年,平頼綱が北条貞時に滅ぼされた際は貞時方につき,頼綱の後継の内管領に就いたとみられ,同年に山内新阿弥陀堂の供僧を安堵している。以後,乾元2(1303)年ごろまでその地位にあったとみられる。徳治2(1307)年の鎌倉・和賀江津の管理責任者。得宗へ取り次いだことのなかには同3年の「平政連諫草」(幕府官僚平政連の提出した諫状)があり,貞時の側近であった。<参考文献>細川重男「内管領長崎氏の基礎的研究」(『日本歴史』479号)

(福島金治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

長崎光綱の関連キーワード長崎高綱鎌倉時代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android