コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎光綱(読み)ながさき みつつな

朝日日本歴史人物事典の解説

長崎光綱

生年:生没年不詳
鎌倉後期の得宗被官。内管領・平頼綱の兄弟,または従兄弟。左衛門尉。居所は泉谷であろう。正応4(1291)年,鎌倉幕府奉行人および五方引付を指揮する立場の5人のうち3位に位している。6年,平頼綱が北条貞時に滅ぼされた際は貞時方につき,頼綱の後継の内管領に就いたとみられ,同年に山内新阿弥陀堂の供僧を安堵している。以後,乾元2(1303)年ごろまでその地位にあったとみられる。徳治2(1307)年の鎌倉・和賀江津の管理責任者。得宗へ取り次いだことのなかには同3年の「平政連諫草」(幕府官僚平政連の提出した諫状)があり,貞時の側近であった。<参考文献>細川重男「内管領長崎氏の基礎的研究」(『日本歴史』479号)

(福島金治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android