コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正応 ショウオウ

デジタル大辞泉の解説

しょうおう〔シヤウオウ〕【正応】

鎌倉後期、伏見天皇の時の年号。1288年4月28日~1293年8月5日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうおう【正応】

年号(1288.4.28~1293.8.5)。弘安の後、永仁の前。伏見天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しょうおう【正応】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1288年から1293年まで、伏見(ふしみ)天皇の代の元号。前元号は弘安(こうあん)。次元号は永仁(えいにん)。1288年(弘安11)4月28日改元。伏見天皇の即位にともない行われた(代始改元)。正応年間の鎌倉幕府の将軍は惟康(これやす)親王(7代)、久明(ひさあきら)親王(8代)。執権は北条貞時(さだとき)(9代)。伏見天皇は1287年(弘安10)、後宇多(ごうた)天皇の譲位により即位。父の後深草(ごふかくさ)上皇が院政を行ったが、即位後2年あまりで院政は停止され、天皇親政となった。1289年(正応2)、第7代将軍惟康親王北条氏により廃位させられて京に戻された。この解任は、将軍がしばしば反北条氏のシンボルとなったことから、成人した将軍の長期にわたる在位を北条氏が嫌ったためといわれる。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

正応の関連キーワード山形県長井市五十川二階堂行貞(1)治部卿局(2)別当典侍(2)大炊御門信嗣中務内侍日記包永(初代)山王霊験記真守(2)金毘羅義方西蓮(2)唯円(1)多治見国長忠助法親王二階堂貞衡良覚(2)西念(2)澄覚法親王好嶋盛隆相良頼俊

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android