正応(読み)ショウオウ

  • しょうおう シャウオウ
  • しょうおう〔シヤウオウ〕

大辞林 第三版の解説

年号(1288.4.28~1293.8.5)。弘安の後、永仁の前。伏見天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1288年から1293年まで、伏見(ふしみ)天皇の代の元号。前元号は弘安(こうあん)。次元号は永仁(えいにん)。1288年(弘安11)4月28日改元。伏見天皇の即位にともない行われた(代始改元)。正応年間の鎌倉幕府の将軍は惟康(これやす)親王(7代)、久明(ひさあきら)親王(8代)。執権は北条貞時(さだとき)(9代)。伏見天皇は1287年(弘安10)、後宇多(ごうた)天皇の譲位により即位。父の後深草(ごふかくさ)上皇院政を行ったが、即位後2年あまりで院政は停止され、天皇親政となった。1289年(正応2)、第7代将軍の惟康親王が北条氏により廃位させられて京に戻された。この解任は、将軍がしばしば反北条氏のシンボルとなったことから、成人した将軍の長期にわたる在位を北条氏が嫌ったためといわれる。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

鎌倉時代、伏見天皇の代の年号。弘安一一年(一二八八)四月二八日、代始により改元。将軍惟康王・久明親王、執権北条貞時の時代。正応六年(一二九三)八月、永仁(えいにん)と改元された。出典は「毛詩注」に「徳正応利」とあるのによる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android