コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長春会議 ちょうしゅんかいぎ

1件 の用語解説(長春会議の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしゅんかいぎ【長春会議】

日本軍のシベリア出兵下の1922年,日ソ国交樹立のために中国長春で開かれた日本と極東共和国間の会議。両国代表は1921年8月の大連会議で通商関係の設定,日本軍の撤退条件などを討議したが22年4月会議は決裂した。6月成立した加藤友三郎内閣は,シベリア派遣軍を10月末までに撤退すると声明し,交渉再開の機運が生まれた。会議は9月4日から長春で再開され,日本側代表は松平恒雄欧米局長と松島肇総領事極東共和国側はヤンソン外相,さらにソビエト代表ヨッフェが加わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長春会議の関連キーワードシベリア横断鉄道シベリア気団シベリア高気圧シベリア出兵セミョーノフシベリア鉄道シベリアンハスキーシベリア虎佐藤三千夫細谷千博

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone