コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長春会議(読み)ちょうしゅんかいぎ

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしゅんかいぎ【長春会議】

日本軍のシベリア出兵下の1922年,日ソ国交樹立のために中国長春で開かれた日本と極東共和国間の会議。両国代表は1921年8月の大連会議で通商関係の設定,日本軍の撤退条件などを討議したが22年4月会議は決裂した。6月成立した加藤友三郎内閣は,シベリア派遣軍を10月末までに撤退すると声明し,交渉再開の機運が生まれた。会議は9月4日から長春で再開され,日本側代表は松平恒雄欧米局長と松島肇総領事,極東共和国側はヤンソン外相,さらにソビエト代表ヨッフェが加わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android