コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長期使用製品安全点検制度 チョウキシヨウセイヒンアンゼンテンケンセイド

デジタル大辞泉の解説

ちょうきしようせいひんあんぜんてんけん‐せいど〔チヤウキシヨウセイヒンアンゼンテンケン‐〕【長期使用製品安全点検制度】

経年劣化により火災や死亡事故を起こすおそれのある製品について、所有者がメーカーや輸入業者の安全点検を有料で受ける責務を負う制度。平成21年(2009)4月開始。屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用・LPガス用)・屋内式ガスふろがま(都市ガス用・LPガス用)・石油給湯機・ 石油ふろがま・密閉燃焼式石油温風暖房機・ビルトイン式電気食器洗機・浴室用電気乾燥機の9品目が対象。→長期使用製品安全表示制度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

長期使用製品安全点検制度の関連キーワード特定保守製品

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長期使用製品安全点検制度の関連情報