コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長松小僧 チョウマツコゾウ

デジタル大辞泉の解説

ちょうまつ‐こぞう〔チヤウまつ‐〕【長松小僧】

江戸時代、安永天明(1772~1789)のころ、右手で米銭を入れる酒樽(さかだる)を提げ、左手で長松小僧と名づけた60センチくらいの着飾った禿(かぶろ)人形を舞わせながら、家々を回って物ごいをした門付け芸人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうまつこぞう【長松小僧】

江戸時代、安永(1772~1781)・天明期(1781~1789)にはやった物乞いの一種。手に長松小僧という名の着飾った人形を踊らせながら市中をまわり歩いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

長松小僧の関連キーワード江戸時代物乞い一種市中

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android