長湯(読み)ながゆ

精選版 日本国語大辞典「長湯」の解説

なが‐ゆ【長湯】

〘名〙 入浴時間の長いこと。また、時間の長くかかる入浴。長風呂
※却癈忘記(1235)上「大屋にゆとてあれども、普通のやうにながゆなむどはせず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の長湯の言及

【直入[町]】より

…九重山東麓,大分川支流の芹(せり)川流域に位置し,南部は竹田市に接する。中心の長湯は芹川に臨む温泉(重炭酸土類泉,45~50℃)の町である。古くは隣接する久住町の一部を含めて朽網(くたみ)郷と呼ばれた。…

※「長湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android