長者三代(読み)ちょうじゃさんだい

  • ちょうじゃ
  • 三代(さんだい)
  • 長者

大辞林 第三版の解説

苦労して財産を蓄えても、子は遺風を受けてよく守るが、孫はぜいたくになり浪費して家を傾けるから、長者の家も三代までしか続かない、ということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

祖父は苦労して財産をつくり、子はその遺風をうけて守るが、三代目の孫の代になると、生活がぜいたくになり、父祖の家産を傾けることが多いというところから、長者の家は三代よりは続かないということ。〔随筆・多波礼草(1789)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android