コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺風 イフウ

デジタル大辞泉の解説

い‐ふう〔ヰ‐〕【遺風】

後世に残っている昔の風習・習慣。「封建時代遺風
後世に残っている先人の教え。「古人の遺風を慕う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いふう【遺風】

昔から伝わる風習・習慣。 「封建時代の-」 「諸君公徳抔と云ふ野蛮の-を墨守してはなりません/吾輩は猫である 漱石
先人ののこした教えや影響。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遺風の関連キーワード横浜新報もしほ草パガン(蒲甘)朝吾輩は猫であるアルケシラオスアウグストゥスこも(薦)本阿弥光甫徳王丸西仏和布刈神事井上播磨掾内藤丈草金蔵獅子鏑木清方大饗正虎尾形光琳方巌祖永木内喜八寒川鼠骨封建時代長者三代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遺風の関連情報