遺風(読み)いふう

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐ふう ヰ‥【遺風】

〘名〙
① 後世にのこる昔の風習。
※本朝麗藻(1010か)下・冬日陪於飛香舎聴第一皇子始読御注孝経〈藤原公任〉「聖明治跡何相改。貞観遺風触眼看」 〔史記‐呉太伯世家〕
② 後世にのこっている先人の教えや芸風。
※玉葉‐仁安二年(1167)八月四日「琵琶貞敏十代之遺風、箏又醍醐天皇十代之末葉也」
③ 他からうける恵み。余慶。
※将門記(940頃か)「幸に理運の遺風に遇て」
④ 足の速い馬。
※田氏家集(892頃)下・感喜勅賜白馬因上呈諸侍中「遺風簇雪四蹄開、曳到騰驤賜不才

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐ふう〔ヰ‐〕【遺風】

後世に残っている昔の風習・習慣。「封建時代遺風
後世に残っている先人の教え。「古人の遺風を慕う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android