長谷川 孝三(読み)ハセガワ コウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の造林学者



生年
明治26(1893)年11月29日

没年
昭和44(1969)年6月3日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大農科大学林学科〔大正7年〕卒

学位〔年〕
農学博士〔昭和18年〕

主な受賞名〔年〕
林学賞〔昭和10年〕「金属塩類による種子の治力検定とその応力」,日本農学賞〔昭和19年〕「林木種子の活力に関する実証的研究」

経歴
宮内省林業試験場に勤め、昭和10年同場長、のち東京営林局長、農林省林業試験場長、玉川大学教授を歴任。また学究研究会議会員、学術会議会員、日本林地肥培協会会長、農林水産技術会議専門委員、大日本山林会常務員を務めた。種子発芽検定法、種子貯蔵法、害虫防除法などに業績

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android